転職するのに資格は取った方が良いの?取得の必要性について検討する!

資格,学校,転職

資格は転職したいと考えた時に、転職活動を有利に進めることができる有力アイテムです!
資格なんてなくても自分が魅力的であれば良いのでは?

 

という人もいるようですが、自分とほとんど遜色の無い人物が一緒に採用試験を受けて、その人が資格をたくさん持っていたら…?
企業はいったいこの二人のどちらを採用するでしょうか?

 

資格を持っているとどのように転職活動に活かすことができるのか、どんな資格の取り方をするのがおすすめなのかについて紹介します。
このサイトではあなたがいま就いている仕事や目標などに応じておすすめな資格をご紹介する総合サイトです。最適な学習方法についての説明もしていきます。

 

なお、このサイトでは資格試験とは少し趣が違うのですが、転職に大きくつながるものとして、公務員試験プログラミング英会話のスクールになどついてもご案内しています。
別ページでは資格に関するコラムも充実させていきます。

転職におすすめ!スキルを活かした資格取得の方法とは?

資格,学校,転職

転職のために資格を取ろうと考えている人の中で、今の職務経験で培ったスキルがある人は、それを活かして資格の勉強をすると、基礎学習は不要であったり、あまり苦労せずに資格を取ることができるという利点があります

お仕事別おすすめ資格

業務内容が理解できるうえに、それに関する資格を持っていれば鬼に金棒。
現在あなたが就いている仕事によっておすすめ資格は違ってきますので、以下にご紹介します。

一般事務職のあなたにおすすめの資格

「事務はつぶしがきかない」なんて言い方をする人もいますが、そんなことはありません。
資格を持っていれば充分転職が可能な分野です。特に会計の知識とパソコンは一般事務のみならず他の分野の仕事にも必要なものですので、取っておいて損はありません。

【日商簿記検定2級】
日本商工会議所が主催する、簿記会計に関する資格です。
どんな仕事にも必要とされるオールマイティーな資格ですが、全商や全経の資格とどうちがうのか。資格を取るとどのような所に就職可能なのでしょうか?
主な就職先や試験の概要、合格率・日程・種類や過去問についてもご紹介します。

 

【MOS(Microsoft Office Specialist)】
MOSは、WordやExcelなどのMicrosoft Office 製品の操作スキルを判定する試験です。
どの業務にも必要とされるパソコンスキルを身に付けることができる一石二鳥の資格です。
パソコン上で問題を解いていき、試験当日に合否がわかる試験であることも人気のひとつとなっています。

【MOS】の詳細情報はこちらから

 

経理・会計・労務職のあなたにおすすめの資格

会計はどの仕事をするにもついてまわるものですので、経理や会計の仕事をしている人は、これらの資格を取って更にスキルアップしましょう。
独立に向いている資格が多いのもこれらの業務の特徴です。

【公認会計士】
公認会計士は超難関資格として有名ですが、どうしたらなれるのでしょうか?
公認会計士の仕事内容や就職先、年収や試験の難易度など様々な角度から公認会計士がどのようなものかをご紹介します。

 

【税理士】
税理士の資格は難しいと言われますが、仕事内容や年収、就職先などはどうなっているのでしょうか?公認会計士と税理士は同じような仕事の印象がありますが違います。税理士と公認会計士の違いや、税理士の仕事内容・年収・就職先の他に資格の概要についてご紹介します。

 

【日商簿記検定2級】
日本商工会議所が主催する、簿記会計に関する資格です。
3級は企業の会計知識が身に付き、青色申告などの書類作成がある程度できるレベルですが、2級になると企業の会計だけではなく財務担当者に必要とされる知識が身につきます。

 

【社会保険労務士】
社会保険労務士は女性に人気がある国家資格ですが、どんな仕事内容で就職や収入はどうなっているのでしょうか?受験資格や試験の合格率、難易度など調べてみました。これから社労士を目指す方は参考にしてください。

 

【中小企業診断士】
中小企業診断士は国家資格の中でも人気があり、毎年数多くの人が受験します。
仕事の内容や資格取得後の就職先はどうなっているのでしょうか?中小企業診断士試験の受験資格や合格率、勉強法や年収についてご紹介します。

 

【その他の経理・会計・労務の資格】
会計・経営・労務の資格には、超難関の国家資格から民間資格まで様々な種類のものがあります。資格を取得するまでに数年の時間がかかるものもありますが、簡単なものだと短期間で取れる資格もあります。
自分の希望する業種に合う資格を探してみましょう。

 

金融業のあなたにおすすめの資格

資格,学校,転職

金融業に転職するといっても、銀行・証券など複数の分野にわかれますが、証券外務員のように特化したものや、FPなどのようにいろんな機関で活躍できる資格があります。

【証券外務員】
証券外務銀行などで必須の資格ですが、どうすれば資格を取ることができるのでしょうか?
この資格を取ると、どんな就職先が有利になるかもまとめてみました。
こちらでは、証券外務員一種、二種の違いや資格の概要、過去問について詳しくご紹介します。

 

【ファイナンシャルプランナー(FP)】
保険会社はもちろん、金融機関や企業でも活躍できる国家資格のFP技能士と民間資格AFP/CFPがあります。

 

【その他の金融業の資格】
聞いたことが無いような資格もたくさんありますが、それだけにニッチな市場であるということ。
経験を活かしてスキルアップにつなげましょう。

 

不動産・建築業のあなたにおすすめの資格

色々な資格がありますが、特に宅建「誰でも受験ができ、不動産分野以外でも活かすことができる」資格として人気です。
法令を問われる内容もありますので、はじめて法律分野を学びたい人にもおすすめです。

【宅建】
「宅建」「宅建士」と言われているのがこの資格です。
いわゆる不動産のプロ。2015年に「宅地建物取引主任者」という名称から新しく「宅地建物取引士」に変わりました。不動産業界だけでなく、銀行や、独立開業などでも有利とされる資格です。

【宅建(宅地建物取引士)】の詳細情報はこちらから

 

【不動産鑑定士】
景気に左右されない土地の価格や不動産売買の仕事は比較的安定しています。不動産鑑定士は国から独占的に認められている仕事ですので、一生役立てられる資格だと言えます。

【不動産鑑定士】の詳細情報はこちらから

 

【マンション管理士】
マンションの管理組合の運営や、大規模改修などの建物の構造上について、マンションで安全に暮らせるための法令などについて問われる資格で、この資格を持っているとマンションについての専門家だといえます。

【マンション管理士】の詳細情報はこちらから

 

【その他の不動産・建築業の資格】
景気に左右されない資格であるうえに、昨今の建築需要の高まりで引く手あまたの業界が、不動産・建築業界です。その他の資格も確認してみましょう。

【その他の不動産・建築業の資格】の詳細情報はこちらから

 

法務関係のあなたにおすすめの資格

法務関係も独立を目指すことができる資格が多数あります。
法令を覚えたり、科目が多い資格もありますが、資格を取得してしまえば一生の仕事として活躍することができます

【司法試験】
弁護士、検察官、裁判官になるための試験です。大学在学中に合格する人がいる一方、一回で合格する人はなかなかいない試験です。独学でするにしても最初は専門学校などで学習方法を学ぶことをおすすめします。

【司法試験】の詳細情報はこちらから

 

【行政書士】
いわば「街の何でも屋さん」といっても良いほどの資格「行政書士」それだけにたくさんの知識が求められますが、業務内容が幅広いために仕事が途切れないというメリットがあります。

【行政書士】の詳細情報はこちらから

 

【通関士・貿易実務検定】
簡単にいうと輸入・輸出にまつわる手続きのプロフェッショナルです。港があるところでは必ず荷物の出入りがありますので、地域によってはたくさんの人手が必要となります。

【通関士・貿易実務検定】の詳細情報はこちらから

 

【その他の法務関係の資格】
法律はその時々で変わるため、司法試験や行政書士のように歴史の長い資格もあれば、個人情報保護士やマイナンバー実務検定など新しい時代の流れで新設された資格もあります。

【その他の法務関係の資格】の詳細情報はこちらから

 

海外関連の仕事をしていたあなたにおすすめの資格

海外関連のしごとをしていたのであれば、当然語学力はあるかと思いますが、それを「TOEIC」のスコアで示すことができたほうが転職には有利です。また、「TOEICスコア○点以上の方」という求人条件で転職サイトなどには記載されています。

【公務員外務専門職】
いわゆる「外交官」です。外交官は国家総合職試験からも採用されますが、外務専門職は更に最前線で活躍をする専門職です。

 

【TOEIC】
海外関連の仕事をするのであれば、英語力は当然必要です。TOEICのスコアを海外赴任の条件とする企業もありますので、有利に進められるよう高得点を目指しましょう。

【TOEIC】の詳細情報はこちらから

 

【BATIC】
BATIC(バティック)は「国際会計検定」とも言われる資格です。英語の財務諸表を読み解く力が求められますので、海外と取引のある企業では必要とされる知識です。

【BATIC】の詳細情報はこちらから

 

【その他の国際関係の資格】
国際関係の資格を取るのであれば、語学力はもちろんのこと、海外でのビジネス背景を知っておくことが大切です。

【その他の国際関係の資格】の詳細情報はこちらから

 

情報系の仕事をしていたあなたにおすすめの資格

情報系のしごとをしていたのであれば、何の言語が書けるのか、どんなものを作ったのかという内容で判断をされることが多いのですが、情報処理技術者試験は国家資格でもあるので取得しておいて損はありません。
また、違う分野の言語を勉強してみたいという方は、プログラミングスクールで学んでみるのもひとつの手段です。

【情報処理技術者試験(ITパスポート・基本情報など)】
ITパスポートは情報に関する広い知識を求められる試験で、部署内での管理者レベルの人が持っておくには損のない資格でしょう。基本情報技術者試験は開発職を目指す人におすすめの資格です。そして更にその上のレベルの応用情報技術者を目指しましょう。

【情報処理技術者試験(ITパスポート・基本情報など)】の詳細情報はこちらから

【プログラミングスクールで学ぶ】
情報系の仕事をしていた人は、それぞれ得意言語があるかと思います。一つの言語がわかればその他の言語もそれなりに理解できることが多いですが、今花形のiPhoneアプリやAndroidアプリの開発などは、スクールで一度学んでみると新しい気付きがあることでしょう。

【プログラミングスクール】の詳細情報はこちらから

 

医療事務をしていたあなたにおすすめの資格

資格,学校,転職

医療事務も実践でしていた人が有利ではありますが、診療報酬請求事務能力認定試験は、医療事務の資格でも一番認知度が高いので取得しておくことをおすすめします。
それにプラスして医事コンピュータの資格も持っていれば転職に非常につながりやすいです。

【診療報酬請求事務能力認定試験】
病院などでの医療事務請求を行う人の為の民間資格です。医療系の専門学校や短大を経て資格取得を目指す人が多くいます。
医療事務の資格はたくさんありますが、一番認知度が高く評価もされるのがこの資格です。

【診療報酬請求事務能力認定試験】の詳細情報はこちらから

 

【医事コンピュータ技能検定試験】
医療事務の知識とコンピュータの知識と技能を証明する民間資格になります。
現在はほとんどの医療機関で医事コンピュータを使いますので、診療報酬の能力を問われる資格とともに持っておくと良い資格です。

【医事コンピュータ技能検定試験】の詳細情報はこちらから

 

介護・福祉職のあなたにおすすめの資格

国家資格や専門職扱いとなる資格が多いのがこの分野の資格の特徴です。
これからも発展していく分野ですし、有資格者だと収入の面でも大きく変わってきますのでぜひ資格の取得をおすすめします。

【社会福祉士】
高齢者社会の現在、必要とされている国家資格です。
高齢者の相談業務を始め、指導や援助を行う専門職で市町村を始め老人ホームや福祉施設でも必要とされます。

【社会福祉士】の詳細情報はこちらから

 

【介護福祉士】
高齢者や障碍者などの生活全般に関するお世話をする国家資格です。
介護関連施設では資格保持者が不足しているのですぐに採用という事もあるでしょう。

【介護福祉士】の詳細情報はこちらから

 

【ケアマネージャー】
介護保険利用者のケアプランを作る専門職です。
高齢者の相談にのるなどやりがいのある仕事です。

【ケアマネージャー】の詳細情報はこちらから

 

【その他の介護・福祉職の資格】
介護の仕事は引く手あまたです。経験者は当然すぐに採用されますが、それ以外に資格を持っているとなると重用されることでしょう。その他の介護
・福祉職の資格についてもご紹介します。

【その他の介護・福祉職の資】の詳細情報はこちらから

公務員への転職!大きく方向転換をするためには

資格,学校,転職

公務員に転職を希望する場合は、公務員試験を受けて、試験に合格しなければなりません。

目的別おすすめ資格(公務員になりたい!)

資格取得とは少し異なってきますが、転職対策という意味も含めて、資格取得の専門学校で公務員試験の対策講座は多数開講されています。

公務員になりたいあなたには

公務員というと「役所で勤めている人」というイメージが強いのですが、たくさんの分野があります。
年齢や学んだ内容によって選択できるものも変わってきますので、公務員対策を専門に行なっているスクールなどの説明会を聞いたり、相談に乗ってもらうのが良いでしょう。

【公務員(行政系)】
公務員には都道府県庁や市町村で働く地方公務員、と行政府や立法府、司法府で働く国家公務員があります。それぞれ公務員試験を受験する必要があります。

 

【公務員(技術系)】
国家公務員も地方公務員も多種多様な採用区分があり、大まかに分類すると事務系と技術系に分かれます。理系公務員(技術職)は技術系の公務員です。技術系には土木、建築、機械、電気の他、農学や林学などの区分で採用を行う試験もあります。

 

【警察官・消防士】
警察官も消防官もどちらも公務員採用試験を受験します。
警察官には国家公務員と地方公務員があります。
消防官になるには各地方自治体で実施する消防吏員採用試験や、消防職員採用試験を受ける必要があります。

 

【外交官(外務専門職)】
国家公務員の中でもトップクラスの人気を誇るのが公務員(外務専門職)です。
外務省の外務専門職員として海外の領事館などで外交官として働けます。
日本でもトップクラスの大学で上位の成績を取得し、外務省専門職員採用試験に合格する必要があります。

 

【公立学校教員】
市立や県立などの公立学校の教員になる為には、各都道府県や各政令指定都市などの教育委員会が実施する教員採用試験に合格しなければなりません。近年教員は不足しており年齢制限の上限もかなり上に変更する自治体も増えてきています。
教員になりたい人は今がチャンスといえるでしょう。

独立開業したい人向けの資格って?

資格,学校,転職

独立をする場合は、その業務内容によっては資格を持っていたほうが有利なもの、それだけではなくその資格を持っているからこそ看板を掲げられることができる必須の資格があります。

目的別おすすめ資格(独立したい!)

独立をしたいあなたにおすすめの資格

独立しやすい資格は、一生の仕事になることが多いです。
また、ひとつの資格を持ち、独立後、似た分野の資格も取り、そちらの分野でも仕事をしていくことが可能です。

【社会保険労務士】
社会保険の手続き業務だけでなく、年金相談や、労働者の紛争や争議があった時に裁判を介すことなく解決するという業務もあります。
また、労働関係の裁判などでは弁護士の補佐人として活躍することもあります。

 

【司法書士】
登記や供託の代理手続きや、法務局や裁判所に提出する書類の作成を行います。
かつては、弁護士の数が少なかったこともあり、登記業務を行う資格として司法書士ができました。

【司法書士】の詳細情報はこちらから

 

【行政書士】
行政書士は、難易度が高い国家資格ですが将来的に独立開業も夢ではない資格です。
遺言書の作成や、車庫証明・名義の変更手続き、帰化申請、会社設立など役所に提出する様々な書類の作成、認可申請を請け負う業務です。

【行政書士】の詳細情報はこちらから

 

【貸金業務取扱主任者】
貸金業を営む事業所には必ず1名はこの資格を取得している人がいないといけません。大規模な業者の場合は50人に対して1名の資格取得者が必要です。
貸金業への独立をするには必要な資格です。

 

海外で働くには英語力が必須!

資格,学校,転職

海外で働くには外国語、特に英語を使いこなせる能力は必須。
英語が苦手な人には、ワーキングホリデーという手もありますがこれはあくまでもアルバイトのようなものですし、年齢制限もあります。活きた英語力を試される資格「TOEI」のスコアを取得し、オンラインスクールで更にスキルを磨きましょう。

目的別おすすめ資格(海外で働きたい!)

仕事としての英語は、ビジネス英語も理解できないといけません。ただの文法のテストのようなものではなく、TOEICのように実際のビジネスシーンや生きている英語を問われる資格で高スコアを取得していると海外での仕事も有利に進められるでしょう。
また、実際に外国人と話す機会が少ない人、苦手分野を重点的にしたい人はオンラインでの英会話学習でよりスキルアップができるでしょう。

海外で仕事をしたいあなたにおすすめ

【TOEIC】
英検とは違い、実際のビジネスシーンや海外生活での内容を問われることが多いので、海外で仕事をしたい人にはうってつけの資格です。
合否があるわけではなく、スコアで認定される資格です。

【TOEIC】の詳細情報はこちらから

 

【オンラインで英会話】
オンラインで英会話というと実際の英会話より大変なのではないかと思いますが、そんなことはありません。
オンラインでのメリットは「色んなチョイスができること」。
日本人の講師が良い人、イギリス英語を話す講師が良い人、勤務する国の文化が知りたい人、学ぶ人によって色んな講師を選択できるというのはオンライン英会話の大きな魅力です。

【オンライン英会話】の詳細情報はこちらから

プログラマになるには実践能力をみがこう!

資格,学校,転職

プログラマは中途採用されやすい職種ですが、経験者を優遇する傾向にあります。
情報系の資格はたくさんありますが、どちらかというと実際に業務に就いている人が取得するということが多く見受けられます。

目的別おすすめ資格(プログラマになりたい!)

実際に転職を有利に進めようと思う場合は、資格を持っておくことも大切ですが、即戦力になる、すなわちプログラムが書けるという能力をアピールしたいところです。

プログラマになりたいあなたにおすすめ

新卒者であれば未経験者でも良いという企業はあるでしょうが、転職で考える場合には自分の能力がアピールできるようにプログラミングスクールで即戦力なる能力を身につけましょう。
スクールによっては転職相談に乗ってくれるところもあります。

【プログラミングスクールで学ぶ】
オンラインスクールで学びやすいのがこの分野の特徴でもありますが、実際は通学講座もオンラインもどちらの分野も大人気です。それぞれのメリットがありますので、自分の環境によって選択をするのがベストでしょう。

【プログラミングスクール】の詳細情報はこちらから