ネイル関係の資格や認定講座にはどんなものがあるの?

趣味の資格ネイリスト

ネイリストの検定試験には
  • JNECネイリスト技能検定
  • JNAジェルネイル技能検定

の2大資格があります。
どちらも初心者レベルからサロンワークレベル上級のスペシャリストレベルの3段階があり、レベルに応じて受験できます。

 

スクールや専門学校では、それぞれの検定試験に対応したコースや、2種類の検定試験の同時取得を目指すコースなどが用意されています。

 

初めてネイルを学ぶ方向けにプロ仕様の用具・用材が揃った通信講座があります。もうすでにネイル用品を持っている方は用具なしコースを選べる通信講座もあります。

 

同じ通信講座でも技能検定に対応し、スクーリングや合格保証制度が付いており、受講期間が無料延長できるところもあります。
また協会認定資格ではなく、講座独自の資格があり、実技試験をせずに課題を提出し、合格できるシステムもあります。

 

講座の種類によって受講費用は異なり、趣味のためのネイル講座は受講費用も安くなります。
スクールや専門学校だと通学費用がかかりますが、通信講座なら不要です。

 

趣味レベルからプロを目指す検定コースまで、目的に応じて選べるのも通信講座のメリットです。

 

ネイル関係の資格や認定講座はどんな人が受験・受講してるの?

趣味の資格ネイリスト

  • プロのネイリストとして仕事を始めたい方
  • 初心者からネイルの技術を学びたい方
  • 趣味で始めたい方
  • など目的や動機はさまざまです。プロとして活躍している方がさらにプラスアルファのスキルを身につけたり、アートテクニックを学んだりするケースもあります。

     

    通信講座でもスクーリングやサポートが充実している専門校もあるので、自分のペースで集中して学びたい方にぴったりです。
    ネイルサロンへの就職を目指す方、自宅でホームサロンを開業したい方も通信講座で学んでいます。

     

    最初は趣味から始めて、だんだん関心が深まり、そのまま技能検定試験に向けて勉強するようになったというケースも多いようです!


     

    ネイル関係の資格や講座を勉強した人はどんなところに就職?

    趣味の資格ネイリスト

    ネイルサロン

    一般的な就職先はネイルサロンです。
    サロンでは爪の健康状態をチェックし、希望されるサービスと技術を提供します。

     

    サロン勤務でもネイリストとして認められれば、自分の工夫と努力次第で収入を増やすことが可能で、やりがいを得られます。
    ネイルサロンに勤務しながら、サロン経営に関する知識を学び、店長として店舗を任せられるケースもあります。

    ネイリストとして独立・開業

    将来的には自分のサロンを持つために独立・開業を目指すこともできます。
    ネイリストの資格があれば、自宅の一室を利用しておうちサロンとして始めることも可能です。
    ネイルサロンの初期投資は比較的安く抑えられるため、独立・開業するネイリストは増えています。

    ネイル講師

    またネイルの魅力を多くの人に伝えたり、ネイリストを目指す人に技術を教えたりするネイル講師の仕事もあります。
    認定講師の資格を取得すると、年齢に拘わらず、ネイルの仕事に関わることができます。

     

    ネイリストの年収

    趣味の資格ネイリスト

    一般的な就職先であるネイルサロンは大手チェーン店から、小さなサロンまで規模によって待遇は異なります。
    また、勤務のスタートが正社員かアルバイトのアシスンタントかによっても、年収はだいぶ変わります。

     

    勤務地域にもよりますが、正社員の場合平均給与が15~20万円です。
    平均年収は250~300万円となります。

     

    以前は基本給が低く設定され、能力給や歩合給が加算される給与体系が多かったのですが、最近はほとんど月給制になっています。高年収を目指すなら独立・開業して、1店舗ではなく何店舗か経営すると、年収1,000万円以上も不可能ではありません。

     

    【JNECネイリスト技能検定】の概要

    趣味の資格ネイリスト

    公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催する、国際的に通用するネイリストを育成するための検定試験です。

     

    実践に役立つ試験内容で、正しい知識と技術を持つネイリストを認定します。
    トップレベルの1級から、サロンワークで通用するレベルの2級、基本的な技術と知識をマスターする3級に分かれます。

     

    受験資格

    3級は義務教育修了者であれば、誰でも受験できます。
    2級は3級取得者のみ、1級は2級取得者のみが受験できます。
    ※同時に2つの級を受験することはできません。

     

    合格率

    1級・・・37.06%
    2級・・・40.49%
    3級・・・83.82%
    全体の平均合格率は60.78%です。

     

    試験日

    例年1月、4月、7月、10月の年4回、全国の試験会場で開催されます。
    1~3級が受験できるのは4月と10月、2・3級が受験できるのが7月と1月です。

     

    受験料(税込)

    1級・・・11,000円
    2級・・・8,800円
    3級・・・6,600円

     

    出題内容

    各級とも実技試験筆記試験を行います。

     

    日本ネイリスト検定試験センターで発行している公式問題集があります。
    1~3級まで級ごとに5パターンの問題が掲載されています。

     

    2016年4月の検定試験から、公式問題集より筆記試験問題が出題されるようになりました。
    新しく加わったネイルケアのカラーリング指定色チャートも掲載しているので、合格するために必携の問題集です。

     

    【JNAジェルネイル技能検定】の資格の概要

    趣味の資格ネイリスト

    NPO法人日本ネイリスト協会が主催する検定試験で、安心して施術を受けられるジェルネイルを普及させることが目的です。

     

    ジェル状の合成樹脂を爪に塗り、専用のライトで固めて仕上げるジェルネイル。
    キットを使って自己流で行うこともできますが、ネイルサロンの施術は仕上がりが違います。

     

    技能検定にはベーシックマスターの初級、サロンワークレベルの中級、スペシャリストレベルの上級の3段階があります。

     

    受験資格

    初級は義務教育修了者であれば、誰でも受験できます。
    中級は初級合格者、上級は中級合格者のみ受験できます。
    ※2つの級を同時に受験することができません。

     

    合格率

    初級・・・約70%
    中級・・・約60%
    上級・・・約45%

     

    試験日

    例年6月と12月の年2回、全国にあるJNA認定校で開催しています。

     

    受験料(税込)

    初級・・・9,720円
    中級・・・12,960円
    上級・・・16,200円

     

    出題内容

    初級と中級は筆記試験実技試験があります。
    上級は実技試験のみになります。
    ネイリスト技能検定3級以上の資格取得者は、初級の実技試験が免除されます。

     

    TOPへ