証券アナリストには独学でなれるのか?

 

証券アナリストの資格は、金融関係の資格の中でも難易度が高い部類です。
一般的には専門学校や通信講座で証券アナリストの学習を行ってから試験を受ける流れになります。

 

しかし、社会人の方や学生の方の中には証券アナリストの勉強を独学で行っている人もいて、試験を受け合格している方もいるのです。
この現実から言うと、証券アナリスト資格は独学でも合格する事はできると言って良いでしょう。

 

しかし、誰でも独学で勉強して合格できる資格ではありません。
元々、かなりの学力が無いと試験勉強をしても難しいです。
例えば、経済学部など金融関係の学習をしている学生さんの場合、証券アナリストの学習内容が講義とかぶることも多いので、同時並行で独学しても合格する事ができるでしょう。

 

社会人でも銀行員の方やアナリスト業務に携わっている方は独学でも取得する事ができるかもしれません。
その他の方は、独学だとなかなか難しい資格です。

 

証券アナリストの学習時間は、トータルで150時間から300時間時間と言われています。
学習期間はおおよそ2年から4年というデータもあり、膨大な知識が必要です。
どれくらいの学力があるか?通信や専門学校なのか?独学か?で合格できるまでの学習時間や期間は異なります。

 

証券アナリストの仕事とは?わかりやすく解説!

 

証券アナリストは、証券の分析をする専門家で財務諸表などから分析したり評価をしたりするプロフェッショナルです。
しいて言えば金融証券のスペシャリストということになります。

 

企業などで投資に対する判断や助言を行い、リスクが少なく投資価値が高い投資を見極めるのが仕事です。
証券アナリストと言っても務めている会社によって若干仕事の範囲が違います。
例えば証券会社や資産運用会社で働いている証券アナリストは、リサーチ・アナリスト(狭義の証券アナリスト)と呼ばれる事もあり、証券や投資に特化した専門的な仕事を行うのです。

 

銀行や保険会社になると証券アナリストの性質も異なってきます。
ファンド・マネジャーとして活躍する事もありますすし、マーケット・アナリストと呼ばれる人もいて、どの証券を購入するかなどの意志決定に携わるのです。

 

このように、証券アナリストと言っても様々な仕事があります。

 

証券アナリストはどんなところに就職?

 

証券アナリストは次のような所で活躍します

 

・銀行
・一般企業
・証券会社
・シンクタンク
・証券顧問会社
・生命保険会社

 

このような就職先で活躍しています。

 

それぞれの就職先によって同じ証券アナリストの資格を持っている人でも仕事内容が異なってくるでしょう。
近年では、大手企業などでも証券アナリストの需要が増えてきている為、早い段階でこの資格を持っている人は重用されることがあります。
また、証券アナリストだけではなく仕業(税理士や弁護士、会計士など)の方が、投資や経済に明るいということを証明する為に資格をとることもあるのです。

 

学生のうちに証券アナリストの資格を取る人も多く、このような業種への就職を希望しているならば、持っていることで有利になる資格です。

 

証券アナリストは独立開業できるのか?

証券アナリストの資格を持っている人で、証券アナリストとして独立開業している人もいらっしゃいます。
しかし、ほんの一握りで、この資格を持っていると言うだけでは簡単に仕事が回ってきません。
実績や経験が無いと証券アナリストとしての仕事は無いのです。

 

証券アナリストだけではなく、他に仕業(税理士や会計士、行政書士など)の資格も取ってから独立開業すると良いでしょう。
どうしても証券アナリストとして独立を考えているなら、かなり経験を積んで実績を重ねる必要があります。

 

証券アナリストの年収

 

証券アナリストの平均年収は、一般企業の会社員より高いです。
平均で600万円から700万円程度と考えて良いでしょう。

 

証券アナリストになりたての頃は500万円代もあるかもしれませんが、活躍する人ならば、700万円以上の可能性もあります。
更に、外資系だと平均年収が高くなり、800万円から1,500万円の人もいるのです。

 

難しい資格ではありますが、活躍できれば1千万円以上の高額収入も期待できます。

 

証券アナリストの資格の概要

 

受験資格

第一レベル:証券アナリスト通信講座3科目を受講した人
第二レベル:第一レベルに合格した人

 

合格率

第一レベル:40~50%(3科目平均)
第二レベル:40%前後

 

試験日

第1次レベル:年2回、例年4月と9~10月
第2次レベル:年1回、例年6月

 

受験料

第一レベル:証券分析とポートフォリオ・マネジメント6,200円、財務分析3,100円、経済3,100円
第二レベル:8,200円

 

出題内容

・証券分析とポートフォリオ・マネジメント
1.計量分析と統計学
2.ファンダメンタル分析
3.個別資産(株式や債券等)の分析・評価
4.ポートフォリオ・マネジメント

 

・財務分析
1.損益計算書
2.貸借対照表
3.財務諸表

 

・経済
1.マクロ経済学
2.ミクロ経済学

 

※出題内容:(公社)日本証券アナリスト協会サイトより