資格の学校TACの評判は?経理・会計の講座に自信

TAC,資格の学校,評判>

TACといえば、資格の学校として認知度が高いことで有名なのではないでしょうか。
それは、学校の特徴のところでも述べますが、主要都市に通学校があること、そしてその主要都市以外でも広告や看板が出ているために、たくさんの人の目に触れているからです。
でもたくさん広告を見ているからといっても、実際にどんな学校なのかはわからないという人も多いかもしれませんので、調べてみました。
資格の学校TACはいったいどのような特徴を持つスクールなのでしょうか。

資格の学校TAC3つの特徴

資格の学校TACの3つの特徴を紹介します。みなさんが知っている特徴はあるでしょうか?

 

大規模で全国主要都市に通学校がある

資格の学校TACは、昭和55年に「東京アカウンティングセンター」という 会社が母体となったものです。歴史も古く、現在でも全国主要都市に20を超える直営校とそれ以外に提携校を持っている大規模な学校です。
主要都市に通学校があるため、仕事帰りや学校帰りの通学にも困りません。
現在までの公認会計士の合格者数が8,000名近く、税理士の合格者は2,000名超、まさに大規模校というにふさわしい数字です。

 

公認会計士をはじめ経理・会計に強い

最初の社名が「アカウンティングセンター」というだけあって、経理・会計に強みを持つ学校です。
公認会計士をはじめ、税理士、簿記検定の講座が充実しており、合格者も多数輩出しています。

 

経理だけでなく豊富な講座数を準備!

資格の学校TACは、もちろん経理・会計の資格だけではありません。
不動産関係、ビジネス関係、公務員、医療関係と、たくさんの講座を開講しています。
社会人が仕事をしていくうえで求められる資格対策講座はほとんど開講しているといってもよいでしょう。
公務員講座ひとつをとっても、技術公務員や外交官、教員採用試験対策など細分化されています。

 

どんな資格講座をしているの?

資格の学校TACでは経理・会計の資格に力を入れていますが、それ以外にも幅広い講座を開講していますが、やはり特記すべきなのは、米国公認会計士や米国税理士など国際関係の経理・会計の資格講座を開講していることです。

 

資格の学校TACで開講している主な講座

会計系資格

公認会計士/税理士/簿記

 

法律系資格

司法試験/司法書士/行政書士/弁理士

 

不動産系資格

不動産鑑定士/宅建士/建築士

 

ビジネススキル系講座

経理実務/社労士実務/IT系講座/ITパスポート/基本情報技術者/情報システム取引者

 

国際関係

米国公認会計士(US.CPA)/米国税理士(EA)/米国公認管理会計士(USCMA)

 

TACのメリット

通学に便利

大規模で学校数が多いだけでなく、これらの学校はすべて駅から近くて好立地です
お仕事をしながら資格を取ろうという人は、通勤後通いやすいところが選択肢の大きなパーセンテージを占めます。そしてTACが選ばれる理由でもあります。

 

自分の実力が確認しやすい

TACは大規模なスクールですので、講座内の人数も比較的多いです。自分の実力がどれくらいか確認しながらモチベーションをあげたいという人にはぴったりです。

 

たくさんの講座があるので迷いなく受講できる

TACではいわゆる「◯◯月試験対策」という講座だけでなく、初心者向けの「ビギナーズパック」や、公開模試などたくさんの講座がありますので、自分の目的にあったものを選択することができます。

 

TACのデメリット

受講生が多いのでサポートが無いのではと心配

受講生が多いので面倒見が悪いのではないかと思いがちですが、逆です。
受講生が多いので、それぞれの希望に合わせられるようにたくさんのサポートがあります
大規模校なだけに事務局もしっかりしていますので、自分から積極的に確認をし、不安を解消しましょう。

 

資格の学校TACはこんなあなたにぴったりです!

・短い時間で合格を勝ち取りたい人
・スキマ時間が多い人
・仕事が忙しいけど資格も取りたい人
・合理的な考え方が好きな人
・でも自分ひとりで学習するのは心細い人
・あまりお金をかけずに勉強したいけど独学は自信がない人

 

TACで資格を取りたい!申込方法は?

申込み方法は4通りです。

  • TAC受付窓口
  • インターネット
  • 郵送
  • 大学生協等代理店

 

支払い方法は以下の3種類です

  • クレジットカード・デビットカード
  • 各種コンビニ
  • 銀行振込
  • TAC教育ローン

 

資格の学校TACのまとめ

資格の学校TACは大手であるので、受講するにあたり「安心感」が大きなウリではないでしょうか。
それだけではなく、駅に違いので、スマホやパソコンでの学習では自分を甘やかしてしまうという人は気軽に通学をすることができ、周りの人を見ながら、自分に厳しい環境で学習をすることができます。
とはいえ、講座が細分化されているので、いちど紙媒体でどんな講座があるのかを確認してみるためにも資料請求をおすすめします。

TOPへ